【あたし】横浜いれぶん/木之内みどり/1978年

1978年2月発売の「横浜いれぶん」では、♪<私は気のない生返事>(詞・東海林良)など2か所ある「私」は、「あたし」と発音されています。DAMの歌詞表示でも「あたし」とルビが振ってあります。

 

You Tubeで聴いてみましたが、やはり「あたし」と歌われています。木之内みどりのシングル曲の一人称は「横浜いれぶん」以降の3曲が「あたし」で、作詞はいずれも東海林良です。

 

  1. 1974/05 めざめ <一人称なし>
  2. 1947/09 あした悪魔になあれ <わたし>
  3. 1975/01 ほほ染めて <わたし>
  4. 1975/07 おやすみなさい <わたし>
  5. 1976/02 学生通り <一人称なし>
  6. 1976/07 グッドフィーリング <一人称なし>
  7. 1976/11 東京メルヘン <わたし>
  8. 1977/04 ジュ・テーム <わたし>
  9. 1977/08 イマージュ <わたし>
  10. 1977/10 走れ風のように <一人称なし>
  11. 1978/02 横浜いれぶん <あたし
  12. 1978/06 無鉄砲 <あたし
  13. 1978/09 一匹狼 (ローン・ウルフ) <あたし

 

J-Lyric.netとUta-Netで歌詞検索してみましたが、「横浜いれぶん」と「無鉄砲」は漢字で「私」、「一匹狼」はひらがなで「あたし」でした。

 

「横浜いれぶん」の二人称は「あんた」ですし、「無鉄砲」の歌い出しは♪<男のくせにクドクドと 泣き言なんかよしてよと>です。いわゆるツッパリ路線にシフトチェンジしたのが「横浜いれぶん」であり、それ以降の一人称が「あたし」でした。

 

なお、UtaTenの「横浜いれぶん」では「私」のフリガナは「わたし」です。あまり参考にはならないようです。

 

移転前のページ→「わたし」と「あたし」(2017/08/24)

コメント