ダイヤモンドとダイアモンド

三菱グループのマークはスリーダイ、ビジネス系の出版社はダイモンド社、電車の運行図表はダイグラム、トランプの絵柄もダイです。マンションのダイパレスはダイ建設が建てたものですが、創立時の社名はダイモンド建設です。日本で一番有名なクルーズ船はダイモンド・プリンセス号です。

 

リングとイリングと同様にダイとダイに関しても、一般的には「」のほうが優勢です。歌詞の世界でもダイモンドが多数派です。

 

ダイヤモンドvsダイアモンド

 

実は2015年12月に調べたことがあります。改めて検索をかけてみましたが、その比率に大きな変化がありません。JOYの歌詞検索はダイモンドで検索してもダイモンドがヒットします。Google検索もこのパターンです。

 

ただ、これは歌詞検索するとこうなるというだけの話であって、同じ曲があるサイトでは「」、他のサイトでは「」で記載されているケースもあります。少数派の「」には次のような曲があります。

 

1983「瞳はダイアモンド」松田聖子(作詞:松本隆)
♪<幾千粒の雨の矢たち 見上げながら うるんだ 瞳はダイアモンド>

 

1987「ダイアモンドダストが消えぬまに」松任谷由実(作詞:松任谷由実)
♪<Diamond Dust 幾千の泡を見送って>

 

1989「Diamonds」プリンセス プリンセス(作詞:中山加奈子)
♪<ダイアモンドだね AH AH いくつかの場面>

 

上の2曲はタイトルも「ダイモンド」ですから議論の余地はありません。プリプリの「Diamonds」は複数の動画で「ア」と歌っていますが、「うたまっぷ」と「歌詞GET」の歌詞では「ダイモンド」で掲載されています。

イヤリングとイアリング

松田聖子19枚目のシングル「ハートのイアリング」は1984年11月発売です。作詞が松本隆、作曲が「Holland Rose」名義の佐野元春、編曲は大村雅朗です。最初に聞いたとき、1番Bメロの♪<他の誰かにもらったの>が空耳で「放課後誰かにもらったの」と聞こえたのを今でも覚えています。もう学園ソングを歌うような歳じゃないのに…、と思ったわけです。

 

やはり1番の歌詞の「ペイヴメント」は辞書を引いたはずです。松本隆の詞には「舗道」が比較的よく出てきます。松本隆だけではなく70年代以前の曲では多かったはずです。今は舗装されていない道のほうが珍しいわけですから、「舗道」が実生活でも歌詞の世界で死語化するのは当然のことです。

 

さて、「イリング」は少数派で、多数派は「イリング」のはずです。「Uta-Net」で歌詞検索をかけてみました。

 

  • リング 10件
  • リング 151件

 

「イリング」でもっとも古いのは、久保田早紀(久米小百合)の「九月の空」だと思われます。1980年発売の3rdシングルです。「イリング」は151件のうち「シルエット・ロマンス」が少なくとも22件重複しています。「森のくまさん」もかなり重複があります。「イリング」派の主な曲は次のとおりです。

 

  • 「シルエット・ロマンス」大橋純子(作詞:来生えつこ)
  • 「涙の形のイヤリング」中森明菜(作詞:康珍化)
  • 「今夜ふたりで」安全地帯(作詞:松井五郎)
  • 「HEY!BEAR」大塚愛(作詞:aio)
  • 「薔薇の秘密」早見優(作詞:森雪之丞)
  • 「人魚になりたい」西田ひかる(作詞:大江千里)
  • 「潮風通りの噂」南佳孝(作詞:山川啓介)
  • 「夜空のイヤリング」八神純子(作詞:三浦徳子)
  • 「白雨」さだまさし(作詞:さだまさし)
  • 「落葉のクレッシェンド」河合その子(作詞:秋元康)
  • 「LADY(レイディ)」桜田淳子(作詞:尾崎亜美)
  • 「つむじ旋風(かぜ)」荒木由美子(作詞:阿木燿子)
  • 「晴れのち晴れ」小坂明子(作詞:小坂明子)
  • 「グンナイベイビー」絢香(作詞:絢香)
  • 「マイ セレナーデ」平松愛理(作詞:平松愛理)
  • 「森へおいで」谷山浩子(作詞:谷山浩子)
  • 「あした」中島みゆき(作詞:中島みゆき)
  • 「星が見ていた」細川たかし・武山あきよ(作詞:千家和也)
  • 「Want You」ZARD(作詞:坂井泉水)
  • 「春が来た」Love Cupids(作詞:岡本真夜)
  • 「シンデレラ・クリスマス」KinKi Kids(作詞:松本隆)

 

松本隆は、1998年発売のKinki Kidsの5thシングル「シンデレラ・クリスマス」では「イリング」に変節?しています。

 

モータープール

少ないながらも、タイトルが「モータープール」の曲、または歌詞に「モータープール」が含まれる曲があります。

 

BOYS & GIRLS/大江千里/1984年/詞:大江千里
 ♪<夕焼けのモータープールに 借りてたレコード返しに行く>

 

モータープール/THE BOOM/1994年/詞:宮沢和史
 ♪<二度と引き返せずに 二人は迷い込んだ 出口のない Motor Pool>

 

EYES/RAZZ MA TAZZ/1996年/詞:阿久延博
 ♪<工場跡のモータープールで ちっぽけな僕が のぞいた世界はいつも Beautiful World>

 

モーター・プール/ROSSO/2002年/詞:YUSUKE CHIBA
 ♪<モータープールの4階で キスをしたがってたけど>

 

絶唱!なにわで生まれた少女たち/たこやきレインボー/2014年/詞:前山田健一
 ♪<めばちこ痛い おちょくりすぎ! モータープール ほかしといて 通じへんの? さぶいぼやわ>

 

本文は「楽曲のモータープール」です。

 

 

パステルラヴ/金井夕子/1978年/詞・尾崎亜美

第115回ヒトカラ選手権のイチ抜け曲です。1978年1月の南沙織「春の予感」、同年11月の杏里「オリビアを聴きながら」とともに尾崎亜美による提供曲です。リリースは同年6月です。2番の歌い出しが♪<淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから>というフレーズです。

 

まずは歌詞サイトをチェックしてみました。

 

  • UtaNet(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • UtaNet(松本典子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • 歌詞GET(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • J-Lyric.net(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • プチリリ(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • 魔鏡歌詞網(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • うたまっぷ(星野真里)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • Utaten(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから ルビ=び
  • Kashi-JP(金井夕子)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから
  • JOYSOUND(尾崎亜美)淋しさに瞳曇らせ うつむいてたから

 

例外なく「淋しさ」です。次に、You Tubeの動画で「さみ」と歌っているか「さび」と歌っているかを聴き取りました。なお、DAMの歌詞表示は「み」です。

 

  • 金井夕子「み」(レコード音源?)
  • (Game kids)「み」JOYの尾崎亜美バージョンの字幕
  • (Ecco)「み」バンド演奏
  • (alan sekiguchi)「み」ベース+別撮りボーカル
  • (1121CHEEK)「み」たぶんJOYのカラオケ
  • (know)「み」DAMのカラオケ
  • (春風潮香)「び?」アコギ弾き語り
  • (gomashio023)「み」アコギ弾き語り
  • (榊原瞬)「び」松本典子バージョンのカラオケ
  • (美心歌う介護士)「み」カラオケ

 

松本典子の音源は見つかりませんでした。2番のAメロですから、フルコーラス歌えるわけではない当時の歌番組では省略されてしまいます。

さらば涙と言おう/森田健作/1971年/詞:阿久悠

歌詞サイトでは森田健作のオリジナルバージョンのほか、カバーバージョンも掲載されています。河口恭吾バージョンは2013年に発売されたアルバム「昭和40年男たちのメロディー」の1曲目に収録されています。天童よしみや石野真子のカバーもあるようです。

 

「さらば涙と言おう 歌詞」でGoogle検索したときの上位20件です(歌詞掲載のないページは除きました)。「さみしさ」は共通です。DAMの歌詞表示は生音バージョンもノーマルバージョンも「さみしさ」です。

 

  • UtaNet(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • うたまっぷ(森田健作)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう
  • J-Lyric.net(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • J-Lyric.net(河口恭吾)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう
  • プチリリ(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • Musixmatch(森田健作)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう
  • 魔鏡歌詞網(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • JOYSOUND(U-DOU&PLATY feat.アルベルト城間)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう
  • mu-mo(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • 楽器me(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • 歌詞GET(森田健作)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう
  • U-フレット(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • J-Total Music!(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • mysound(森田健作)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • Jet Lyrics(建吾)さみしさも悲しさも いくたびか出逢うだろう
  • UtaTen(河口恭吾)さみしさも悲しも いくたびか出逢うだろう

 

本来のテーマからは逸れますが、森田健作は「悲しさ」と歌っており、河口恭吾は「悲し」と歌っています。私は小学生だったとはいえオリジナルのリアルタイム世代ですので、「悲し」には「ん?」となります。歌い出しが♪<さよならは誰に言う さよならは悲しに>ですから、これに引きずられた結果だったのかもしれません。


さて、「さみしさ/さびしさ」ですが、You Tubeを「さらば涙と言おう」で検索して「さみしさ」を「み」と歌っているか、「び」と歌っているかを聞き取りました。

 

  • 森田健作「み」
  • 河口恭吾「み」
  • フォレスタ「み」
  • ゴスペラーズ「み」
  • 竹島宏「み」
  • (krz500spmoto)「び」カラオケ音源
  • ロビーナ?「み」(NPO法人日本健康ペアダンス協会)
  • 初音ミク「み」(衣装P)
  • (TaRO Izanagi)「み」
  • (mineshin1)「み」アコギ弾き語り
  • (渚の Relaxation Sound 倶楽部)「み」弾き語り
  • (kannosuke2008)「み」カラオケ?
  • (owl2000GS)「み」アコギ弾き語り
  • ウエストサイドKYOTO「み」バンド演奏
  • (YOU)「み」バンド演奏

 

もともとの歌詞表示がひらがなの「み」ですから、よほどのこだわりがない限り「み」で歌うことになるはずです。

 

移転前のページ→♪さみしさも悲しみも〜?(2017/11/14)「さらば涙と言おう」に改題